【Raspberry pi】Windows10 IoTインストール~起動までの手順【成功】

スポンサーリンク

こんばんは、しでしんです。

Raspberry pi3 model b+でWindows10 IoTを起動することができました。
まだRaspberry Pi 3 model b+に正式対応していないようです。WLANが接続できません。。

SDカードの準備

SDカードをバックアップ&フォーマット

【Raspberry pi】Windows10でSDカードのバックアップ&リストア方法を参考にしてください。

Windows 10 IoT Core ダッシュボードのインストール

ダウンロード - Windows IoT
Windows 10 IoT Core 用のファイルをダウンロードします。

上記ページから、「Windows 10 IoT Core ダッシュボードをダウンロードする」をクリックして、setup.exeをダウンロードします。チュートリアルに従って、インストールをしてください。

Windows Insider Programに登録

Windows Insider Program
Become an Insider: be one of the first to explore new Windows features for you and your business or use the latest Windows SDK to build great apps.

上記ページから、「Insiderになる」をクリックして、Microsoftアカウントでログインします。
ログイン後、Windows Insider Programに登録します。登録後に上記サイトに再度アクセスすると、「Insiderになる」と表示されていた部分が、「ビルドをインストールする」に変わっていれば登録されています。

Raspberry Pi 3B+ Technical Preview Buildのインストール

Download Windows 10 IoT

上記ページにアクセスして、「RaspberryPi 3B+ Technical Preview Build 17661」をクリックします。
しばらくすると、ファイルのダウンロードが始まりますので、ダウンロード完了まで待ちます。

Windows Insider Programに登録しないと、ダウンロードできません。

ダウンロードが完了後、そのファイルを右クリックして、マウントをクリックします。すると、「Winodows_10_IoT_Core_RPi3B+.msi」というファイルにアクセスできるので、ダブルクリックでインストーラを起動します。

規約を読んだうえで、「I accept the thrms in the License Agreemet」の横にチェックを入れて「Install」ボタンをクリックすると、インストールが始まります。

しばらくすると、インストールが完了しますので、「Finish」をクリックします。

SDカードにWindows10 IoT Coreをフラッシュ

スタートメニューから「Windows 10 IoT Core Dashboard」をクリックして、IoT Dashboardを起動します。

左のメニューで「新しいデバイスのセットアップ」をクリックします。上記を参考にデバイスの種類やOSビルドなどを選択します。ドライブはSDカードのドライブを正しく選びます。
Flash.ffuは「C:\Program Files (x86)\Microsfot IoT\FFU\Raspberrypi2」フォルダ内のFlash.ffuを選択して下さい。

選択が終わったら、「ソフトウエアライセンス条項に同意する」にチェックを入れて、インストールボタンをクリックすると、SDカードへのインストールが始まります。

SDカードをRaspberry Piに挿して起動

出来上がったSDカードをRaspberry Piに挿して、電源を起動します。
おっ、Windowsの起動画面が出るではないですか!まだかなまだかな~としばし待ちましょう。

画面が表示されました!表示言語、キーボード、タイムゾーンを設定します。

そしてネットワークの設定・・・無線LAN認識してない??コマンドで確認してみます。

有線LANのインタフェースの認識しかありません。おまけにLANのHUBとか持ってないですし。また後日ネットワーク接続設定しますね。

とりあえず起動まではできたので、LANHUB購入して、サンプルアプリ入れてみようかと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント