プリペイドカードKyashの更新!?2020年にタッチ決済対応!!

スポンサーリンク

こんにちは、しでしんです。

QRコード決済や、他の20%還元キャンペーンに押されまくり、すっかりスマホ決済に慣れてしまった今日この頃。財布を取り出すことがほとんどなくなってしまった人も多いかと思います。ちなみにしでしんの住んでるところは、車社会なのであまり浸透していません。
話はそれましたが、しでしんが最初に節約しようと作ったKyashのリアルカードが2020年に新しいカードが発行されます。

カードにICチップが搭載された

今のKyashプリペイドカードはICチップがついていません。そのため決済時に暗証番号の入力を求められる店舗だと使えなかったり、サインが必要になることがありました。新しいKyashのほうはICチップが搭載されているので、暗証番号を求められる店舗でもスマートに利用ができます。

Visaタッチ決済に対応

ここ最近のクレジットカードの流れを受けて、Visaタッチ決済に対応します。しでしんはまだVisaタッチ決済を経験したことがありませんが、イメージとしてはSuicaや楽天Edyのような感じで、タッチするだけで決済が可能。
Kyashリアルカードをリーダーに通して、方向が違うとか早すぎるとかで読み取れない確率がぐっと下がります。

発行手数料に900円必要

残念なことに、新しいKyashリアルカードは発行するのに900円かかります。ちょっとこれは痛い。今のKyashカードも発行に300円必要になるので、3倍になります。バリバリ使う方は900円くらいならすぐ戻ってきますが、あまり使わない方は900円使って持つ羽目に。

発行する際に本人確認書類の提出が必要

今のKyashリアルカードは自宅にポスト投函で郵送されてきましたが、新しいKyashリアルカードは本人確認の書類の提出が必要になります。個人情報を提供しなくてもいいから作成した方もいるはず。心配な方は敬遠したほうがいいかもしれません。

今のKyashリアルカードの還元率が0.5%に変更

現行のKyashリアルカードの還元率は1.0%ですが、2020年4月1日から還元率が0.5%へ引き下げられます。最初は2%の還元率だったのが現在は1.0%、2020年4月からは0.5%・・・と段階的に下がっています。Kyashカードの魅力が徐々になくなっているのがつらいところです。

まとめ

決済のしやすさは現在のKyashリアルカードより便利になりますが、発行手数料を考えると・・・と躊躇しています。

ただ、現在のQRコードやほかのキャンペーンで高還元が続くわけはありません。還元率が高い決済方法の選択肢の一つとして覚えておいても損はありません。

ちなみに下記URLからアドレスを登録しておくと、発行開始日の通知を受け取れます。

Kyash Card - Kyash(キャッシュ)
デザインされた「お金の未来」を。進化した次世代のカード「Kyash Card」シンプルな形に宿るのは、新しいお金の体験と未来。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント