【日記】アラフォーでハゲでブサイクだけど、全身脱毛に挑戦!

スポンサーリンク

こんにちは、しでしんです。

このかた約40年、ずっと悩んでいたことが一個あります。それは体毛が濃いこと。父親が確かに毛深いので遺伝なのですが、しでしんは本当に体毛が濃い。とくに腰から下はボーボー。すね毛はもちろん、尻毛も濃いのが生えています。これがずっと嫌だったのですが、一大決心をして脱毛することにしました。

男の脱毛に関する先入観をぶっ壊す

男の脱毛、本当に悩みますよね。毛が濃いと、堂々と温泉に入れなかったり、夏にハーフズボン履いたり、プールに行けなかったり、女性から嫌われたり。。。でも行くとなると、本当にブサメンおじさんが行っていいものか?という疑問や恥ずかしいといった先入観が入ってきます。その先入観をぶっ壊しましょう。

※ただしイケメンに限る?

クリニックに予約して、待合室で何人かとすれ違いましたが、イケメンはいませんでした。まあ全員わたしよりはイケメンでしたが。やはりみなマスク着用。新型肺炎が流行っているのもあってか、みなマスク着用でした。実はみんな恥ずかしいのでしょうね。男の全身脱毛はまだ発展途上です。今がチャンスでしょう。

ハゲは脱毛する前にやることがあるでしょ?

確かにそれはあるでしょうけど、しでしんはハゲはもうあきらめてます。父親はハゲ、母親は薄毛。どう考えても・・・。しかもハゲを治したからと言って、身も心もブサイクなしでしんですからそこまで人生変わりません。ハゲが進行したら、潔く坊主にします。

しでしん以外にハゲの方でもクリニックで見かけたので、ちょっとホッとしました。

20代から30代前半の人しか脱毛しない?

そう思うでしょ?しでしんもそうだと思っていましたが、同年代の方や50歳?くらいの方も見かけました。もちろんひげ脱毛かもしれませんけど。ここ最近では介護脱毛が報道され、ちょっと話題になりました。

"介護される前"の世代が注目「介護脱毛」 ニーズ高まる背景は? - ミント! | MBS
2025年には国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者になる日本。自宅で療養する在宅介護もますます増えると見込まれる中、今、介護を受ける前の世代に注目されているのが「介護脱毛」です。将来自分が介護されるときに備えて行うアンダーヘアの脱毛のことですが、どのように行うのか、また、40代が注目している理由とは?

医療脱毛を必ず選ぼう

脱毛クリニックといっても、どこを選んでいいかわからない・・・そんな悩みは誰でもありますが、まずは医療脱毛にしました。光脱毛では取り切れなかったり、回数がかかっても全然改善されないとのことです。医療脱毛メンズで検索するとたくさん出てきますので、自分の懐具合とよく吟味してから探すことをお勧めします。

土日祝日は大混雑!予約すら難しい!?

よしここだ!と決めたクリニックでメール、電話、ホームページのフォームから早速予約。土日祝日を希望して予約しましたが、第3希望までもNG。それでもなんとか予約が確保できたクリニックがあったので、早速カウンセリングと支払いを済ませました。ちなみにしでしんが契約したコースは全身VIO含む5回コースの約40万円を契約しました。

契約までしましたが、ここから先はこれからです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

人生
スポンサーリンク
しでしんをフォローする
アラフォー派遣おじさんの日常

コメント